日本のロープで世界平和を ROPEACE PROJECT!

【ROPEACE TOUR 2019 in Nepal参加者体験談⑨伊介 麻央】

2019年06月04日
シェア
実際にROPEACE PROJECTの一環として今回、ネパールに行ったメンバーの体験談を写真を交えて紹介します!
ぜひ生の声を聞いてください!

ーーーーーーーーーーーーーーー
参加者名
(職業/年代/現住所/所属など)

伊介 麻央
(会社員/20代/千葉/南房総ダブルダッチチーム縄まち組)
ーーーーーーーーーーーーーーー

この度、ropeace project tourに参加させていただき、
本当にありがとうございました。

もともとカタクンがこの活動をやっているのは知っていて、いつも「Mao ちゃんも一緒に行こうよ」と気さくに誘っていただいてましたが、
そんなにお気軽に行けるものではないな、いつか行けたらいいなーと、、、 じつはそんな風に正直思ってました。

なので、参加を決めた自分自身にも実は少しびっくりしてます。笑

さて、tourの前からも導入の顔合わせがありましたので
(しかも謎の(?)鋸南町のカフェで参加メンバーとお正月に顔合わせまで。笑)
徐々に気持ちが高ぶる毎日でした。

埼玉での直前の顔合わせでは、
tourの全貌を知り、そして初めましての仲間とデモ練習もし、行く前から「なんてこんなに楽しいんだろう!!」と
思いながら、ずっとワクワクしながら当日を迎えました。 …
ひとことで表すと
ほんと~に色々な要素がつまった素敵な旅となったと思います。
大好きなダブルダッチをプレイすることを筆頭に、(しかも異国の地で!!)
ネパールこ子供たちに縄跳びを届けたこと、一緒に縄で遊んだこと
縄を通して仲間ができること、絆が深まること、
人種を越えて友達ができること
異国の土地の文化を知り、そして日本文化を伝えることができたことなどなど

これは、すべてが奇跡の連続から起こる
奇跡の連鎖だと感じました。

1分1秒がキラキラとした時間で、それらは流れ星のように過ぎ去っていきました。

また、そんな時間を過ごすと同時に
日本では当たり前の生活が
発展途上国では全く当たり前ではないことを
肌で実感し

些細なことでも感謝の気持ちをもつ大切さを学びました。

命があり、仲間がいることがどんなに幸せなことか。

そんな、日本にいては気づくことのできない
当たり前の幸せを知りました。
いえ、前から知っていたけれど、
過ぎ行く時間が日本では暴風のようで
気づくきっかけすらなかったのかもしれません。 …
わたしはこのtourで出会った仲間、現地の人々、ネパールの空気、出来事
すべてが宝物であり、お金で買えない貴重な価値を感じていて、こんな経験ができたことを心の底から嬉しく思います。そしてみんなに感謝しています。

私自身も、今後も何かしらの形でropeace を応援したいですし、ぜひたくさんの方にこの感動を味わっていただきたいです。

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。またこのプロジェクトはマンスリーサポート型になります。

100 円 /月

配送方法:メール

サンクスメール+活動報告
※サポート中に支援を停止したい時はメールで事務局までご連絡ください。
(support@farm-sportsfunding.com)


200 円 /月

配送方法:郵送

サンクスメール+活動報告
季節ごとのピースロープ
※サポート中に支援を停止したい時はメールで事務局までご連絡ください。
(support@farm-sportsfunding.com)

1,000 円 /月

配送方法:郵送

サンクスメール+活動報告
季節ごとのピースロープ
DVD(年1回)
※サポート中に支援を停止したい時はメールで事務局までご連絡ください。
(support@farm-sportsfunding.com)

2,500 円 /月

配送方法:郵送

サンクスメール+活動報告
季節ごとのピースロープ
DVD(年1回)
Tシャツ(年1回)
※サポート中に支援を停止したい時はメールで事務局までご連絡ください。
(support@farm-sportsfunding.com)

10,000 円 /月

配送方法:郵送

サンクスメール+活動報告
季節ごとのピースロープ
DVD(年1回)
Tシャツ(年1回)
支援者の名前入りのサンクスフォト(年1回)
※サポート中に支援を停止したい時はメールで事務局までご連絡ください。
(support@farm-sportsfunding.com)