元埼玉西武ライオンズ 岡本篤志の挑戦

はじめまして、岡本篤志です
みなさん、はじめまして。

元埼玉西武ライオンズでピッチャーをしていた岡本篤志です。

このたび、私が行っている活動をより多くの皆さんに知ってもらいたいと思い、このクラウドファンディングを立ち上げました。


現役時代の写真
まずは自己紹介です。

【経歴】
大阪府茨木市で出生。小学校5年生の時に、三重県へ転居。
三重・海星高校の2年生だった1998年には、140km/hを超
える速球を武器に、 エースとして第80回全国高等学校野球
選手権大会に出場。翌1999年の第71回選抜高等学校野球
大会では、チームを準々決勝進出に導いた。
その後、明治大学へ進学し、東京六大学のリーグ戦通算
で、48試合登板、12勝8敗、防御率2.41、161奪三振とい
う成績を残した。
2003年のドラフトで埼玉西武ライオンズ6巡目で指名を受
け入団。2004年には1軍昇格を果たしたが、2008年に股
関節の疲労骨折が判明し、2009年には患部のリハビリに専
念。プロ入り後初めて、一軍公式戦への登板機会がなかっ
たが、辛いリハビリを経て翌年2010年、当時の一軍監督・
渡辺久信監督の信頼を得たことから、中継ぎ投手として要
所で起用された。2011年はクローザーとしても活躍し、
チームの逆転クライマックスシリーズ出場に大きく貢献し
たが、このときに股関節の骨折が再発。ケガに苦しみなが
らも2012年以降、中継ぎとして奮闘、活躍しつづけ、
2016年に現役引退を表明。

13年間のプロ生活の幕を閉じ、現在はミャンマーで
子供の教育や野球振興の分野を中心とした活動を行っている。
引退時の写真
はじめに
日本の小学校施設には必ず遊具が設置がされています。
それは、日本の教育的位置づけとして、体育など身体を動かすことが教育にとってとても大切だと考えられているからです。

幼児や児童の場合、体を動かすことで運動機能を向上させ、
心身ともに健全に育つことが期待されます。

したがって、遊具は子供の関心をひくように設計され、かつ年齢に関係なく
使うことのできるものが日本の学校には多く設置されています。

そこで、ミャンマーの学校にも日本の教育で
重要視されている遊具の設置を提案させていただきたいと思います。

遊具によって子供たちに遊びを通して運動する場を提供したい。
私はそう考えます。

今回ご提案させていただく遊具の名前は
「スポーツウォール」です
スポーツウォール
スポーツウォールとは、学校・公園・グラウンドなどに設置できる、スポーツの練習などに使用できる壁です。

日本では、このスポーツウォールが学校・公園・スポーツ施設に設置されており、体育の授業などさまざまな場面で活用されています。
※画像はイメージです
スポーツウォールの種類
スポーツウォールは、サッカー、野球、テニス、ストラックアウトなどさまざまな種類があるので、組み合わせは自由にでき、日本ではすべての種類を設置している施設もあります。

テニスの壁打ちなどは皆さんも利用されたことがあるかもしれません。
※画像はイメージです
※画像はイメージです
ミャンマーでの活動内容
私は以前からミャンマーに関わりが深く、現在定期的に子供たちへ野球の指導やミャンマーのナショナルチームとの交流を精力的に行っています。
地図の真ん中がミャンマーです
興味深々のこどもたち
将来の夢
近い将来ミャンマーから日本のプロ野球チームに入る
選手を発掘し、満員の観客の中でプレーをする姿をミャンマー
の人たちに見て欲しいと考えています。
上はミャンマーのこどもたち、下はナショナルチームのメンバーと
ミャンマーの現状と課題
野球がまだ盛んではないミャンマーで野球の普及を行っていますが、正直な感想としては、まだまだ時間がかかるなというところです。

まずは日本のように、遊具を使って子供たちがのびのびと活動し、そこから運動が好きなこどもが野球に進んでいってもらえれば良いのではないかと思います。

そのため、まずは今回ミャンマーの政府や学校にこの「スポーツウォール」を提案し、一つずつ設置を働きかけようと思っています。

また、ミャンマーの子供たちを日本に連れてくることも考えています。
例えばミャンマーの子供たちに日本でプロ野球を見せてあげたいです。
それを見た子供がミャンマーに帰って野球のすばらしさをきっと伝えてくれると思います。

それらにかかる費用は「スポーツウォール事業」としてミャンマーへの渡航費、滞在費、スポーツウォールの設置費などで300万円、「日本への招聘事業」として渡航費など100万円、合計で400万円を予定しています。




私はミャンマーのこどもたちがいきいきと希望をもって生活ができるように
応援したいと思っています。

みなさまのご理解とご支援をどうぞよろしくお願い致します。
ミャンマーの国会にて

現在の支援金額

35,000 円

0%
目標:4,000,000 円

支援者

4人

残り時間

終了済み

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

5,000 円

支援者:1人

配送方法:メール

サンクスメール

10,000 円

支援者:3人

配送方法:メール

サンクスメール
サンクス動画
※動画は2か月以内にお送りします。

50,000 円

支援者:0人

配送方法:郵送

【個人向け】
サンクスメール
スポーツウォールに1か所、お名前が入ります。<サイズ小>
※内容は念のため審査があります
※現地で写真を取り、後日プレゼントさせていただきます。

100,000 円

支援者:0人

配送方法:郵送

【企業向け】
サンクスメール
スポーツウォールに1か所、企業名が入ります(御希望のロゴでも可)<サイズ小>
※内容は念のため審査があります
※現地で写真を取り、後日プレゼントさせていただきます。

300,000 円

支援者:0人

配送方法:郵送

【企業向け】
サンクスメール
スポーツウォールに1か所、企業名が入ります(御希望のロゴでも可)<サイズ大>
※内容は念のため審査があります
※現地で写真を取り、後日プレゼントさせていただきます。

500,000 円

支援者:0人

配送方法:郵送

【企業向け】
サンクスメール
スポーツウォールに2か所、企業名が入ります(御希望のロゴでも可)<サイズ大>
※内容は念のため審査があります
※現地で写真を取り、後日プレゼントさせていただきます。